Ken's Life

PCをいじること、音楽を聴くこと(メロディの良さをを基準に判断することが多くChemistryやSuperfly,広瀬香美,ドリカムなどが多い)、野球、バスケ観戦が好きな人のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
10月8日に渋谷公会堂でCHEMISTRYの堂珍嘉邦がソロとして活動して初めてのライブである「A La Musique」が行われたので、それに行ってきた。

感想からになってしまうけど、堂珍さんと要さんのソロ活動をやるに至った理由にハッとさせられたライブだったな、ということ。

CHEMISTRYとして活動していた2月からスタートした全国ツアーライブ「Trinity」をやっていて4/7に最終公演の地である沖縄でソロ活動宣言をしたんだけど、ライブに参加されていた方々のTwitterのCHEMISTRYのクラスタのTLを見て解散を勘ぐってしまった。CHEMISTRYの音楽を当たり前に受け取っていたからなのかもしれないけど、”ソロ活動をやった後は傑作が出来ることがある”というフォロワーのTwtを読んでこれは解散ではないのだな、と。

B'zのソロ活動

このライブに参加された方と、堂珍さんのライブや今後の方向性がどうなるのかなどを話していて、ブログにアップされていた記事を読んでいたら堂珍さんと川畑さんのソロ活動を始めた理由として考えられるのが、Michael Jordanの引退宣言と似ていることをふと思い出した。長年Chemistryのファンをされていた方にとっては「名前だけなら聞いたことある」「ダンクが凄かった人?」程度かもしれないけど。

何故「堂珍さんと川畑さんのソロ活動のことなのに、外様のMichael Jordanの話を引き合いに?」と思った人も居るだろうけど、前者の二人がソロ活動を始める経緯が正にMichael Jordanと似ているところがあると感じていた。

Michael JordanはHIS AIRNESSというDVDの中で、

優勝後にシーズン全体を振り返ってみた。バスケのことや人生や目標についてもね。
色々あって疲れていて、責任や期待で精神的に参っていたんだ。
自分が来た道を忘れてしまった。頂点に留まりすぎてしまったから成長の過程を忘れてしまったんだ。
引退について父に相談をした。本当に自分のやりたいことかよく考えたかった。

と。

このMichael Jordanが語っていた「本当に自分のやりたいことかよく考えたかった」っていう節が、
CHEMISTRYの二人が「今やっている音楽は本当にCHEMISTRYというデュオとしてやりたい音楽なのか?」と
悩んでいたのではないかと感じた。(その後、当時のChicago BullsのHCをしていたPhil JacksonはMJが「バスケをやりたいという情熱がなければ、退屈し才能も失う」と漏らしていたと語っている)

ただ、実際には5周年のアルバムを出したときに「え?CHEMISTRY終わり…?」って勘ぐり始めていて、デュオとしてCDを発表していったことでそれは薄らいだけれど、昨年7月にさいたまスーパーアリーナで行われた「Neon」のLiveで新曲として「Indipendence」を出すと発表していた時に「もしかしたらデュオとしてやらなくなるのだろうか…?」という気持ちが頭を過っていたんだよね。この頃には堂珍さんと川畑さんの中で「ソロを出して本当にやりたい音楽を見つめす」という答えが出ていたのかもしれないと感じた。

その後にJordanは父親のJamesを不慮の事件で亡くし、引退会見では「バスケット選手として勝利への意欲を失い、引退する時期が来ました」って言ってたんだけど、それと同じようにMJの引退会見のようなCHEMISTRYとして音楽を作る意欲がなくしたってわけじゃないけど「本当にやりたい音楽」がぼやけてしまったんじゃないかなって。

Jordanは引退宣言後にホワイトソックスの2Aチームに入団し、127試合に出場して打率はやっとこさの.202、11個のエラーを犯してしまい、大リーグに昇格することはできなかった。

けれどもMJはこう語ってた、

野球のおかげで父との時間を生きることができた。父は僕の心の中にいる。
僕の成功はすべて父の教えのおかげだよ。それが分かったら気持ちの整理がついた。
セラピーみたいな期間だった。自分と和解が出来たんだ

って。

実質的には野球の挑戦は1年近くで終わった。
ただ、JordanのNBAへの復帰はストライキがきっかけだった。
1994年の大リーグはシーズン中にもかかわらずストライキを行っていたこともあって、交渉がまとまらない状況を打開したいからとオープン戦に出場させ、それに従えないなら球団施設を使わせなくすると突きつけて、球団社長がMJにはこの措置を適用させないと約束してたけど、関係者がこれを反故にしようとしたことで関係が拗れてしまったんだよね。

んで、Jordanが1995年3月19日に「I'm back」って戻ってきたわけ。
火曜日にTweetしたときはここまでで終わったんだけど、これには続きがあって、その詳細を。

シーズン末の17試合に参加して、Playoffでは1回戦こそ突破することはできたけど、次のカンファレンス準決勝で
ShaqとPennyの前に些細なミスを繰り返してしまい、2勝4敗で敗れてしまった。

その後、NBAに順応出来る体型を取り戻すべくPippenやShaq,Reggie Millerなどを呼んで合同練習を行うなどしてトレーニングを積み重ねて1995-96シーズンを迎えることになる。

この年は開幕から連勝に連勝を重ねまくり、72勝10敗というとんでもない数字を残して見せた。レギュラーシーズンでの72勝はNBA記録であり、この記録を破ったチームは表れていない。
Playoffで前年にShaqとPennyの前に敗退した屈辱を晴らし、1992-93以来のFinal進出を果たし、Seattle Super Sonicsと対戦。敵地で2敗を喫するものの、ホームでの第6戦で優勝を奪還することに成功してみせた。

翌シーズンも69勝をマークしてPlayoffに進出し、FinalでKarl MaloneとJohn Stockton擁するUtah Jazzと対戦。敵地での第5戦は試合前日に体調不良を起こし、16点ビハインドを強いられたにもかかわらずチームのオフェンスを牽引して90-88で勝利に導くと、ホームでの第6戦で5度目の優勝を決める。

翌97-98シーズンはHCであるJacksonがシーズン後の退任を仄めかしていて、Pippenが故障で欠場を強いられたにも関わらず62勝をマーク。Playoffはカンファレンス決勝のIND戦でどちらも敵地で勝利を奪えない展開でフルセットの末、88-83で勝利してFinalに進出。
その前年の対戦相手だったUTAHと対戦し、第1戦と第5戦に敗れるが、第6戦の4Q残り5.2秒に決勝点となるジャンプシュートを決めて6度目の優勝、2度目の3連覇をChicago Bullsに齎した。87-86と1点差での勝利だった。

色々書いたけれど、CHEMISTRYのファンの方ってNBAは普段聞かない分野なので(?)取り留めのない文章だと思わせてしまった部分もあると思う。

でも、本当に言いたいことはこんなところなんだよね。

Michael Jordanは1度目の引退前はSlam Dunkerとしてキャリアを送った。
でも、野球のマイナーリーグでの経験を経て1度目の引退から復帰した後は技巧的なJump Shooterとして勝負所で決勝点を挙げる場面が多くなってプレーに洗練さが出るようになった。
それと同じように、今の堂珍さんと要さんがソロを経験してCHEMISTRYとして戻ってくるときはデビューした時よりも曲が洗練されてると思う。
それでもって今まで歌った曲も戻ってきたときにリリースするであろう曲もデビューした時とは洗練されたように聞こえると思う。

と。

<引用>
Wikipedia マイケル・ジョーダン
Basketball Reference(海外のサイト)
第4戦。
2008年のPlayoff1回戦で対戦したAtlantaとは両チームともホームで3勝ずつをマークして最終戦を迎えた第7戦は序盤から猛攻を繰り広げ、3Q残り1分00秒にPoseyのDunkで79-41と最大38点差のリードを奪い、最終的に99-65でClevelandとの準決勝に進むことに成功した。
その試合を思い起こさせるような集中力を1Q中盤から見せ始め、この試合も80-43と37点差のリードを奪って最終的に101-79と快勝して準決勝進出まであと1勝に迫った。
その準決勝進出をかけた第5戦の結果はいかに…。


結果は86-87で敗北。

準決勝進出はお預けですか。

1Qの出だしこそPierceが2連続でFGを成功、Bassがlayupを決めるなどして残り8分11秒の時点で11-3とスタートダッシュに成功する。
しかし、その直後にHawksが取ったタイムアウト明けから、Hawksの対策に嵌められたのかKGのHookやPierceの3が外れるなどして点差を広げることが出来ず、Hawksにもシュートミスを誘う状況になったにもかかわらず残り2分33秒にはJohnsonのRunning Jumperを決められて15-13と2点差。
しかしそこからRayのlayupとKGが2本連続Jumperを沈めて21-15でリードして1Qを終了する。

2Qは2点差に詰め寄られたところから連続得点を決めた勢いが残っていたからか3点差以上のリードを維持し、残り8分52秒にRayがFG成功して28-18と10点リードに成功する。
しかし、そこからRayがFTを落としたり、PierceとKGのJumperが外れたのが響き残り5分24秒で29-24と5点差に詰め寄られる。
その直後のHawksのタイムアウト明け直後こそシュートが決まっていたが、残り45秒と10秒にJohnsonとTeagueにそれぞれ3を決められ37-40と逆転を許し、Celticsが20秒タイムアウトを請求する。
そのタイムアウト明けにRondoが放った3ポイントが決まり40-40と前半を同点で終了する。

3Qは胸を痛めての欠場から復帰して2試合目のHorfordにJumperを決められて40-42とされてから、追い上げを図ろうと放ったシュートが尽くリングに嫌われたのが響き、残り4分31秒にMarvinにJumperを決められ54-61とリードを許し、残り3分40秒にHorfordにFTを2本決められて54-65とHawksにこの試合初めて2ケタリードを許してしまう。
残り2分54秒にCelticsがタイムアウトを請求し、そのタイムアウトの対策が功を奏したのか、10-1と追い上げることに成功するものの、残り2分6秒のRondoのJumperと1分15秒に放ったRayの3がリングに嫌われたりしたことが響いて64-66とリードを許して第4Qへ。

4Qの出だしは3Q残り2分54秒のタイムアウトからのオフェンスの勢いが残っていたのかRayとRondoがJumper決め、残り8分33秒にRayが3を沈めて73-69と逆転。
しかし、その後の点差を広げようと放ったシュートがリングに嫌われ6分54秒にHorfordにJumperを沈められ74-75と逆転され、残り4分18秒にはJohnsonに決められて76-83とされてしまう。
そこからKG,PierceがJumper、Rayが3を決めて残り2分41秒に83-83の同点に追いつくが、HorfordにDunkとJumperを決められ残り59秒で83-87とされてしまう。
その直後にPierceが3を沈めて86-87と1点差に追いつくが、Rondoが6ft9inもあるHorfordとのミスマッチの前にシュートさえ打たせてもらえず、KGへパスを出そうとしたところをJosh SmithにStealされて試合終了と。

Horfordを本気にさせてしまったのと、28-18と10点差を付けたところからの12-22とされてしまったのが3Qで逆に54-65と二桁リードを許したことが最後まで響いたかと。後はFTをRayが3本のうち1本外したり、Horrinsが1本外したりとFTを落としてしまったのも痛かった。点差こそ1点差だったがHorfordが本来の実力であることを思わせる数字を残していることからも次戦はHomeとはいえ厳しい戦いが予想される。

次戦は現地時間10日夜8時(日本時間11日朝9時)から。死に物狂いで準決勝進出を勝ち取って欲しいが結果はいかに。
Kobeが疲れを露呈したにも関わらずベンチメンバーであるJordan HillとSteve Blakeがチームオフェンスの潤滑油の役割を果たしたことが大きく92-88と4点差ながら3勝1敗とし、準決勝進出まであと1勝と迫った。
その注目の第5戦の結果はいかに。

結果は99-102と敗北。

第3戦で16点15リバウンドと活躍したJavale McGeeに21点14リバウンド、Andre Millerに24点を許したことが大きかったこと、Kobeの43点以外に得点面でサポートできる選手がBynumの16点とBarnesの11点しかいなかったことが大きいかと。


1QからLakersのオフェンスはとにかくKobeとBynum、Barnesしか得点手段がないと言い切っても過言ではないくらいPauやSessionsらのシュートが全く入らなかったのが痛かった。1点差や同点を狙うシュートが全くと言っていいほど入らない。DENのシュートミスにも助けられていたにも関わらずセカンドチャンスでのシュートミスが目立ったのが響き23-26と1Qを3点ビハインドで終了する。

2Qは序盤から24秒バイオレーションやPauのパスがスティールされるといったTurn Overが目立ち、残り9分19秒の時点で25-28と試合が動かない展開。残り7分11秒にBarnesがJumperを決めて29-29の同点とするが、layup missやTurn Overを積み重ね残り1分39秒にFariedにlayupを許し37-47と10点リードを許す。結局43-49と6点ビハインドで前半を終えることに。

後半。
第3Qの残り3分02秒から第4Q残り6分35秒にかけてがとにかく最悪だったかと。
第3Q残り11分33秒と11分02秒にKobeとSessionsがFGを決めて47-49と2点差に詰め寄ったが、残り10分44秒からGallinariのJumperを皮切りにFTの2点を含む4本連続FGを決められ47-59とリードされて残り8分37秒にLakersがタイムアウトを請求する。
LakersもTime Out明けの残り8分12秒のBarnesの3ポイントを皮切りに16-7のランを仕掛け、残り3分02秒にKobeが3ポイントを決めて63-66と3点差に迫る。しかしそこから2-10のランを繰り出され、65-76と11点リードを許して第4Qへ。

第4Qは残り11分04秒にKobeが最初のField Goalを決めて67-76と9点差に迫るが、残り10分07秒にHarrintonに2本のFTを決められたのを皮切りに残り9分2秒にMillerがJumperを決めて67-82と15点差にすると6分35秒にもMcGeeにシュートを決められ再び75-90と15点差にされる。

ここからLakersが残り6分15秒にPauのJumperで77-90としたのを皮切りに残り4分45秒にKobeが3を決めて82-92と10点差。そこからGallinariらのシュートミスの間に得点を重ね残り2分32秒にKobeが3を決めて90-94と4点差。残り1分24秒と残り59秒にも3を決めて96-98と2点差に詰め寄り逆転勝利への希望を与える。

しかし、そこからKobeが2本のシュートを外したのが決定的な痛手だった。
残り14秒にSessionsが3を決めて99-100と1点差に詰め寄るがMillerにFree throwを2本沈められ、Kobeが同点を狙った3が外れて99-102で万事休す結果に…。

ホントにここまで書いていてKobeが一人孤軍奮闘していて他の助けが得られず敗北になっているのはLeBronを指導していたCleveland時代と大して変わらない気がする。
点差が短いうちにシュートタッチが取り戻せなかったと逆転や同点を狙おうとしたシュートがリングに嫌われたのも痛かったかと。その結果チームField Goalが90本中35本、.389と40%を下回っている。
PauのField Goalは11本中4本、9点と振るわず、Sessionsのそれは12本中3本、9点と全く用をなさず状態。
これでシュートが外れまくっていては勝てる試合も勝てるわけがないではないか。

Bynumが試合前に「Denverには楽に勝てる」とコメントしていたとは。
最近スタッフへの敬意を失しているとは聞いていたがまさかこれで彼らの必死さに火をつけることになるとは痛いとしか言いようがない。出場停止明けから攻守を牽引する活躍を見せたことでAll Starに選ばれるまでに成長したとはいえまだまだ精神面は精進が必要なようだ。

さて次戦はDenverに場所を移して現地時間10日の夜10時30分(Denver時間夜8時30分、日本時間11日午前11時30分)からだが、最終戦のつもりで死に物狂いで準決勝進出を勝ち取ってもらいたいが結果はいかに。
Denverに移しての第3戦、1QからFariedやMcGeeらインサイド陣のハッスルプレーの前に圧倒され、Kobeのシュート不調が著しかったのとGasolが今一つ、前半0点に終わったBynumが機能しなかったのが響き、84-99と大敗を喫し、2勝1敗に。
おまけにBynumが準備不足だったことを認める発言をするなどPOを戦ううえで不安をにおわせる発言を繰り返していたが、第4戦はどうだったのか…


結果は92-88で勝利。1回戦突破まで1勝に迫ることになりましたと。

KobeがFTで0点を記録したりと第3戦以上に疲れが目立ってたのが印象深かったのとDENペースでやられたのによくあのペースについていった上にBlakeとHillがよくやったな、というのが正直な印象。
更にここまでの3試合1Qを制したチームが全て制していたので、この試合も正直じわじわ引き離されるのだろう、と心配していた。
だが、第3戦で前半の得点が0点に終わったBynumが1Qで9点と攻守によく頑張っていたと思う。この1Qは結構DENのシュートミスにも助けられていたのか26-28で終了する。

2QはJordan HillとPauが序盤から得点に絡み残り4分58秒の時点で39-38とリードする。しかし、タイムアウト明けからFariedを軸に得点を重ね残り36秒に44-51とリードされ、結局45-51とリードされて終了する。

3Qも序盤こそBynumが外からシュートを打ったりKobeのシュートがエアボールに終わるなど不調が見られていたが、残り7分9秒にPauがJumperを決めて57-56と一時的ながら逆転に成功。その後も持ちつ持たれつの展開が続き、残り3.7秒にHillがJumperを決めて70-71と1点差に迫って4Qへ。

第4Q。ここからやっと本来の実力を発揮してくれたなと思う。BlakeとHillの神様仏様の活躍が印象的だった。
残り11分02秒にBlakeが3を打って73-71と逆転し、このQ疲れが見え始めたKobeやBlakeのミスショットをHillが拾っていたのがこの試合の勝利を語るうえで大きいと思う。(Hillは12点11リバウンドを記録)
残り7分14秒にBlakeが放った3が外れたのをHillがPut Backして80-76とリードすると同点には追い付かれる場面もあったが逆転されるには至らず、残り48秒にSessionsが、残り18秒にBlakeが3を決めて92-86として勝負あり。Brewerの3が外れて92-88で勝利を収めることに。

この試合を見ていて不安に感じた点を4つほど。
1つは失点が減っただけでオフェンス面で相変わらず去年のPOでの悪い流れが変わっていない点。
2つ目にPauがこの試合も13点と09-10のような積極さが見られず、KobeとPauのコンビネーション少ないのも気になる。それで勝てる場合もあるだろうけど、Philの時はよく使ってたのでOKC相手にPauの現状の平均得点では昨年のDAL戦同様に厳しい戦いが予想されるのではないか。
3つ目はBynumがダブルチームでの対処でミスを繰り返していること。ここの対処が甘いと次の相手OKCのブロックでリーグ1位のIbakaやPerkinsにかなり手を焼くかと。
4つ目はKobeのFTが0点に終わったこと。これが決まっていれば10点リードしていてもおかしくはないと思うが、Mike Brownが彼をあまりにも酷使していることやDenverの空気が薄い気候条件も影響しているのだろう。オフェンス面でPauやBynumとのコンビネーションを使ったりしてKobeの負担を減らす工夫が必要かと思われる。

次の対戦はStaplesに戻って現地8日夜10時30分(LA時間夜7時30分、日本時間9日朝11時30分)から。この試合で準決勝に進んでもらいたいが結果はいかに。
前の試合でRondoとRayが復帰。
RondoとKGが踏ん張って4Q残り6分58秒に76-65と11点リードに持ち込む。
しかしPierceの4Qでのシュートが不調だったのが響いて延長戦に持ち込まれてしまったが、Rondoが神様仏様の活躍を見せて90-84で勝利を収めたが第4戦はいかに。


結果は101-79で勝利。1回戦突破まで1勝に迫ることになりましたと。

胸の筋肉断裂から復帰したHorfordが復帰するということでHawksの本来の先発メンバーがそろうことになるので、Celticsとしてはメンバーの変更に対応できるかが不安だった。

出だしこそどっこいどっこいだったけど1Qの8:39にBradleyがJumperを決めだした辺りから攻守が良かったのが全てかと。
PierceもFGが13本中10本、3Pが6本中4本と突き放してほしいところでのシュートが入るし、Rondoも20点16アシストと第3戦以上に神様仏様の活躍を見せ、Rayは本来の3ポイントが要所要所で決まり、ベンチも先発と遜色ない動きを見せている。あれよあれよという間に点差が広がり、3Q残り8分12秒の時点で80-43と37点差にまでリードを広げてみせた。4Qの11点リードからPierceのシュートが入らなくて15対4のランで同点にされた第3戦とは違って、フルセットに持ち込まれた2008年のPlayoffで1回戦の第7戦を見ているかのようだった。

ただ、Pierceが2Q残り5分45秒に左膝を痛めてしまい、患部周辺の筋肉の硬直を防ぐため、備え付けのエアロバイクを漕ぎ続けていたとのことだが大丈夫だろうか。準決勝以降は短縮シーズンの影響で中一日開けないで次の日も試合をするとのことなので、体力面で無理をできないことを考えると次の試合で勝っておきたいので心配。Rayが足首の骨棘の影響で第5戦に備えさせたとのことのよう。

オフェンス面で気掛かりなのがBradleyが不調というところかな。
この試合で6点に終わっているのだけど、最初の2戦こそ10点、14点と2ケタ得点。しかし、平均して8.8点、FGも.375とPOの試合に慣れてないのもあるのだろうけど、Ray様が足首の骨棘の影響で出場時間で無理をさせられないだけにシュートタッチを取り戻して貢献してもらいたいところだ。

次の試合はAtlantaに場所を移して現地8日の夜8時から。この試合で準決勝に進んでもらいたいが結果はいかに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。