Ken's Life

PCをいじること、音楽を聴くこと(メロディの良さをを基準に判断することが多くChemistryやSuperfly,広瀬香美,ドリカムなどが多い)、野球、バスケ観戦が好きな人のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Denverに移しての第3戦、1QからFariedやMcGeeらインサイド陣のハッスルプレーの前に圧倒され、Kobeのシュート不調が著しかったのとGasolが今一つ、前半0点に終わったBynumが機能しなかったのが響き、84-99と大敗を喫し、2勝1敗に。
おまけにBynumが準備不足だったことを認める発言をするなどPOを戦ううえで不安をにおわせる発言を繰り返していたが、第4戦はどうだったのか…


結果は92-88で勝利。1回戦突破まで1勝に迫ることになりましたと。

KobeがFTで0点を記録したりと第3戦以上に疲れが目立ってたのが印象深かったのとDENペースでやられたのによくあのペースについていった上にBlakeとHillがよくやったな、というのが正直な印象。
更にここまでの3試合1Qを制したチームが全て制していたので、この試合も正直じわじわ引き離されるのだろう、と心配していた。
だが、第3戦で前半の得点が0点に終わったBynumが1Qで9点と攻守によく頑張っていたと思う。この1Qは結構DENのシュートミスにも助けられていたのか26-28で終了する。

2QはJordan HillとPauが序盤から得点に絡み残り4分58秒の時点で39-38とリードする。しかし、タイムアウト明けからFariedを軸に得点を重ね残り36秒に44-51とリードされ、結局45-51とリードされて終了する。

3Qも序盤こそBynumが外からシュートを打ったりKobeのシュートがエアボールに終わるなど不調が見られていたが、残り7分9秒にPauがJumperを決めて57-56と一時的ながら逆転に成功。その後も持ちつ持たれつの展開が続き、残り3.7秒にHillがJumperを決めて70-71と1点差に迫って4Qへ。

第4Q。ここからやっと本来の実力を発揮してくれたなと思う。BlakeとHillの神様仏様の活躍が印象的だった。
残り11分02秒にBlakeが3を打って73-71と逆転し、このQ疲れが見え始めたKobeやBlakeのミスショットをHillが拾っていたのがこの試合の勝利を語るうえで大きいと思う。(Hillは12点11リバウンドを記録)
残り7分14秒にBlakeが放った3が外れたのをHillがPut Backして80-76とリードすると同点には追い付かれる場面もあったが逆転されるには至らず、残り48秒にSessionsが、残り18秒にBlakeが3を決めて92-86として勝負あり。Brewerの3が外れて92-88で勝利を収めることに。

この試合を見ていて不安に感じた点を4つほど。
1つは失点が減っただけでオフェンス面で相変わらず去年のPOでの悪い流れが変わっていない点。
2つ目にPauがこの試合も13点と09-10のような積極さが見られず、KobeとPauのコンビネーション少ないのも気になる。それで勝てる場合もあるだろうけど、Philの時はよく使ってたのでOKC相手にPauの現状の平均得点では昨年のDAL戦同様に厳しい戦いが予想されるのではないか。
3つ目はBynumがダブルチームでの対処でミスを繰り返していること。ここの対処が甘いと次の相手OKCのブロックでリーグ1位のIbakaやPerkinsにかなり手を焼くかと。
4つ目はKobeのFTが0点に終わったこと。これが決まっていれば10点リードしていてもおかしくはないと思うが、Mike Brownが彼をあまりにも酷使していることやDenverの空気が薄い気候条件も影響しているのだろう。オフェンス面でPauやBynumとのコンビネーションを使ったりしてKobeの負担を減らす工夫が必要かと思われる。

次の対戦はStaplesに戻って現地8日夜10時30分(LA時間夜7時30分、日本時間9日朝11時30分)から。この試合で準決勝に進んでもらいたいが結果はいかに。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kenbbv.blog79.fc2.com/tb.php/141-b3644739

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。