Ken's Life

PCをいじること、音楽を聴くこと(メロディの良さをを基準に判断することが多くChemistryやSuperfly,広瀬香美,ドリカムなどが多い)、野球、バスケ観戦が好きな人のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前の試合でRondoとRayが復帰。
RondoとKGが踏ん張って4Q残り6分58秒に76-65と11点リードに持ち込む。
しかしPierceの4Qでのシュートが不調だったのが響いて延長戦に持ち込まれてしまったが、Rondoが神様仏様の活躍を見せて90-84で勝利を収めたが第4戦はいかに。


結果は101-79で勝利。1回戦突破まで1勝に迫ることになりましたと。

胸の筋肉断裂から復帰したHorfordが復帰するということでHawksの本来の先発メンバーがそろうことになるので、Celticsとしてはメンバーの変更に対応できるかが不安だった。

出だしこそどっこいどっこいだったけど1Qの8:39にBradleyがJumperを決めだした辺りから攻守が良かったのが全てかと。
PierceもFGが13本中10本、3Pが6本中4本と突き放してほしいところでのシュートが入るし、Rondoも20点16アシストと第3戦以上に神様仏様の活躍を見せ、Rayは本来の3ポイントが要所要所で決まり、ベンチも先発と遜色ない動きを見せている。あれよあれよという間に点差が広がり、3Q残り8分12秒の時点で80-43と37点差にまでリードを広げてみせた。4Qの11点リードからPierceのシュートが入らなくて15対4のランで同点にされた第3戦とは違って、フルセットに持ち込まれた2008年のPlayoffで1回戦の第7戦を見ているかのようだった。

ただ、Pierceが2Q残り5分45秒に左膝を痛めてしまい、患部周辺の筋肉の硬直を防ぐため、備え付けのエアロバイクを漕ぎ続けていたとのことだが大丈夫だろうか。準決勝以降は短縮シーズンの影響で中一日開けないで次の日も試合をするとのことなので、体力面で無理をできないことを考えると次の試合で勝っておきたいので心配。Rayが足首の骨棘の影響で第5戦に備えさせたとのことのよう。

オフェンス面で気掛かりなのがBradleyが不調というところかな。
この試合で6点に終わっているのだけど、最初の2戦こそ10点、14点と2ケタ得点。しかし、平均して8.8点、FGも.375とPOの試合に慣れてないのもあるのだろうけど、Ray様が足首の骨棘の影響で出場時間で無理をさせられないだけにシュートタッチを取り戻して貢献してもらいたいところだ。

次の試合はAtlantaに場所を移して現地8日の夜8時から。この試合で準決勝に進んでもらいたいが結果はいかに。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kenbbv.blog79.fc2.com/tb.php/140-624e0da3

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。