Ken's Life

PCをいじること、音楽を聴くこと(メロディの良さをを基準に判断することが多くChemistryやSuperfly,広瀬香美,ドリカムなどが多い)、野球、バスケ観戦が好きな人のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
久々の書き込み、世界バレーの興奮にすっかり酔いしれていました。(苦笑)

10月31日から12月3日まで行われた世界バレーが終わり、女子は6位、男子は8位でこの大会を終えました。因みに男子が8位以内を確保したのは1982年大会以来だとか。

*総評*
女子に関しては、当然の結果かなという感じ。

ただ、意外だったのは初戦のチャイニーズ・タイペイに1?3で負けたこと。第1セットこそ凄かったけど、第2セットになるとブラジルやイタリアに負ける時と同じパターンに嵌まってしまって、ズルズル敗走・・・。どうも、本国の中国に追いつくのも時間の問題になりそうな気配・・・。来年のワールドカップは番狂わせが起きそうな感じです。(悪い意味で・・・。)

まぁ、韓国やポーランドに勝てたのは◎だったな。あとセルビア&モンテネグロ(今年6月にセルビアとモンテネグロに分裂し、来年からセルビア代表になる)に勝てたのは凄かった。それ以上に。
でも、見ていて気になったのは、サーブレシーブがまだまだ、ということ。
イタリア、中国戦の戦いを見ていると、サーブレシーブ成功率が7割を切っている。これでは勝てないのも無理はない。でも、難しいよなぁ。一番の基本だけど、拾えないものは拾えないから・・・。相手だって、ミスは出るし。言うまでもないけど・・・。

男子、植田監督が「8強に入る」ということを宣言して、負け癖が拭えない印象があったから本当にその通りになるかな・・・と不安になったけど、本当に入ったから凄かった。

プエルトリコ、アルゼンチンに勝ったのは凄かった。(いずれも3?1)
プエル戦での第4セットは36?34にまでなる凄い接戦で、その36点目を決めたのは#7・山本!これは凄かった。まるで、中国戦の敗戦を振り切ったかの様で。(その中国には2?3で負けた)中国戦といえばアテネ最終予選のイヤな記憶があったからな。

それからアルゼンチン戦(世界ランク7位)も凄かったねぇ。

1994年から6勝13敗と苦手な相手なんだけど、そのアルゼンチンでの前回の世界バレーで、山本が(当時は#14)打ったスパイクがアウトになり、アルゼンチンにフルセットで負けたということがあって、山本のスパイクがインじゃないかという誤審疑惑にまで発展したんだなぁ。

第一セットこそ、日本のリズムだったけど、第2?4までは凄い接戦だった。第2セットを落としてしまって、第3も落とすのか・・・?と思ったら、ここからが凄かったね。相手のコートの外に入るのでは、というボールを拾ったり、アルゼンチンの#1・ミリンコビックからブロックを奪ったり・・・。ホントにこの戦いは凄かった。

でも、課題も大いに出た。
ポーランドやセルビア、ロシアと上位との戦いでは、サーブレシーブが乱れて、得点に繋げられないというケースがほとんどだったように思う。(リーグ戦ではいずれもストレートで負ける、ちなみに、世界ランクは8位、4位、3位)エースを徹底的にマークするのは当然だけど、エースじゃない選手に好きに決められて、そちらに目が行くと、本来マークすべき選手へのマークが緩んで、エースに決められるという組織力の低さは大いに課題。本気で五輪出場を決めたいのであれば、その改善が課題になると思う。ポーランドのロサノ監督も日本の力不足を指摘してたからな。

今男子はドーハでのアジア大会に出場している。アジア王者を是が非とも獲得し、さらに課題を改善して、W杯に繋げて欲しい。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kenbbv.blog79.fc2.com/tb.php/14-96b67bcf

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。