Ken's Life

PCをいじること、音楽を聴くこと(メロディの良さをを基準に判断することが多くChemistryやSuperfly,広瀬香美,ドリカムなどが多い)、野球、バスケ観戦が好きな人のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Kobeが第1戦の31点に続いてこの試合でも38点。Bynumは27点とInsideで暴れまくり、3Q中盤に71-52とリードを広げながらも3が不調だったのとLawsonが好調だったのもあって104-100と勝利はもぎ取りながらも次の戦いに不安を残した第2戦。さて第3戦の結果やいかに。


結果は84-99で敗北。

3Q以外は1Qで圧倒されたのがすべてかと。
しかも一昨年中盤から昨年にかけて見られていた先制点は取るけどそれを最後まで続けられないパターンがこの試合で出てる、
KobeはFGがやっとこさ.304と不調な時のパターンに嵌ってるし、
Bynumも18点に抑えられ、
そんな中でのPauが第1戦と2戦で記録した13点より3点増えただけでこの3試合終わった段階で平均14点と去年のPO1回戦のNOH戦での平均得点から0.5点増えただけと大して変わっておらず、
去年の不調から立ち直れていないようにも見えてしまうのは頂けない。

去年はそれが最後まで響いてDALとの準決勝で得点面で貢献することが出来ず、初戦で致命的なTOを喫して敗戦を呼び込むきっかけを与えてしまった。
気は早いけど去年と違って準決勝はホームコートアドバンテージがない状況で戦わなければならないのと、今年のLakersのRoadで15-18と負け越しているうえにRoadでのチーム全体でのFGは高くない。
それだけにPauが低調安定の状態から立ち直れないままだとかなり厳しい戦いになると思う。
まぁこれはPauだけでなくKobeやBynumとか他の選手たち全員に言えることでもあるんだけどね。

ただ、DENのチームFGを39.8%に封じただけのは第4戦に向けての良い収穫になったのではないか。

しかし、だからといって自分たちのシュートが全く入らないという形で相手の不調に付き合う形になっていては勝利をもぎ取るのは厳しいかと。
ぶっちゃけ乱暴に言うなら守備だけ良くなってオフェンス面での不調は全然改善されていないこの有様では準決勝で去年と同じ轍を踏む可能性があると思う。全く3が入らなかったブレイクを出し続けていたような采配をしてたとも聞いてるし。

兎にも角にもチームFGを39.8%に抑えた守備はそのままにオフェンスを改善することが第4戦の勝利の大きなカギになると予想。
次戦の第4戦は現地6日の夜9時30分(DEN時間夜7時30分、日本時間明日朝10時30分)になるが結果はいかに。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kenbbv.blog79.fc2.com/tb.php/138-f36734b0

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。