Ken's Life

PCをいじること、音楽を聴くこと(メロディの良さをを基準に判断することが多くChemistryやSuperfly,広瀬香美,ドリカムなどが多い)、野球、バスケ観戦が好きな人のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1月23日?31日まで読みました。

Beautiful Life


*データ*
著者:北川悦吏子
ページ数・判型:359P 15?
発行年月:2002年2月
価格:580円(税込)

*あらすじ*
沖島柊二は実力もセンスも一流の美容師。でも生き方が不器用で店での人気はナンバー2。偶然、車椅子の図書館司書・町田杏子に出逢った柊二はハンディキャップにも負けずのびのびと生きる彼女に驚き、やがて惹かれていくが…。不器用なふたりが出逢い、恋をした必然の日々。世界でもっともピュアなラブストーリー。向田邦子賞をはじめ、数々のドラマ賞を総なめにした大ヒットドラマ完全ノベライズ。(Yahoo!ブックスより)

*感想(ネタバレ含)*
すごく心の温まる作品でした。ドラマが見てみたいです。

この作品で、命の変わりはいないということ、誰かを喪うことの悲しさというものを改めて感じました。ボクの中では一番の純愛作品です。

九話で杏子が正夫に「病気が悪くなった、悪くするとダメかもしれない」と言われたことを機に森の中を一人車で走ってしまって、柊二が気持ちを伝える場面があるのですが、二人が心から愛していることが顕れていて印象に残っています。

杏子は、柊二のコレクションが終わった後に倒れて亡くなってしまうのですが、二人が結ばれた時点で「恋」ではなくて「愛」なのだと思いました。ドラマを観たらまた書こうと思います。

次は「オレンジデイズ」を書く予定です。

オレンジデイズ

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kenbbv.blog79.fc2.com/tb.php/106-984a9dc4

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。