Ken's Life

PCをいじること、音楽を聴くこと(メロディの良さをを基準に判断することが多くChemistryやSuperfly,広瀬香美,ドリカムなどが多い)、野球、バスケ観戦が好きな人のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ご無沙汰です。メンタルがやられているKenです。 
皆さんも職場の人間関係にはご用心を←

さて、メンタルがやられている人にとって久々に明るいニュースが舞い込んで参りました。

それがCHEMISTRY活動再開。 

いやぁ、これ聞いたときは二度寝が出来ないくらい嬉しかったですよ。 

Twitterじゃ僕と同じCHEMISTRYクラスタさんから喜びの声が上がりまくる、上がりまくる。 

で、日刊スポーツにも載るし。(買ってないけどw)

そのお陰か、実習が捗りましたよ。 
僕がTwitterで書くことが多いNBA。
そのNBAを代表する選手であるレブロンジェイムスとコービーブライアント、マイケルジョーダンという選手が好きなんですが、そのレブロンがいるCLEはNYKに32点差で勝利ともう興奮が止まらないったらありゃしない。12/8という日付は忘れられない日になりそうですな。


今回のCHEMISTRYの活動再開って、仕事とバックグラウンドが違うだけでレブロンジェイムスのマイアミで過ごした4年間やマイケルジョーダンの野球挑戦とかと中身は大して変わらないように思うの。 

CHEMISTRYとしての活動する意義を見失ったという意味では、バスケを続ける意義を見失ったジョーダンに似ていて、 

4年間ソロ活動に専念し、様々な経験を積んだという意味ではレブロンのマイアミで優勝の美酒を2度も味わった4年間とも似ていると思う。  

ここで二人のソロ活動を簡潔にまとめると、
堂珍は「醒めながら見る夢」で映画初主演、「柘榴坂の仇討」や「悼む人」に映画出演したり、舞台の「Rent」でロジャー役、「ヴェローナの二紳士」ではヴァレンタイン役を演じたり、堂珍の出身地球団である広島東洋カープに所属する堂林翔太選手に向けた「Fly Away」を製作したり、ブルーノート東京で2014年10月と2016年3月の2度出演。2012年9月からはInterfmのラジオ番組「Now What Can I see?」のMCを務めるなどしている。

一方の川畑は「サマーウォーズ」や「グッバイ・Dr.ハリー」を朗読したり、TBSの深夜バラエティ「UTAGE!」にレギュラー出演して歌手として多数のカバー曲に挑戦したり、ミュージカル「愛の唄」にマサムネ役で出演。更に不定期ながらUstreamで「川畑要の無一文」をイベント毎に配信したり、2014年12月に出身の葛飾区親善大使に就任するなどしている。

因みに野球挑戦を経たジョーダンのその後は?というと、
豪快にスラムダンクをかっ飛ばすスタイルから技巧なジャンプシューターとして生まれ変わった。
CHIに復帰した1994-95シーズンはプレイオフでORLに敗退して優勝を逃したものの、その翌年のレギュラーシーズンで72勝をマークしてそのプレイオフでは前年敗北したORLにリベンジ。その勢いでファイナルに進出して第6戦で優勝の美酒を味わい、1997年、1998年と3連覇を達成して見せた。

一方のマイアミ挑戦を経たレブロン。
2013-14シーズンのオフに2003年にドラフト指名されたCLEに復帰。ファンに優勝を約束し、2014-15シーズンからはカイリー・アービング、ケビン・ラブと「BIG3」を形成し、序盤こそ苦戦を強いられるものの後半戦から嚙み合うようになって53勝をマーク。2009-10シーズン以来に復帰したプレイオフでは1回戦でラブを肩の脱臼で失いながらも、自身5年連続のファイナル進出の勤続疲労をものともせずに8年ぶりのファイナル出場を果たしたが、そのファイナルでアービングを膝の半月板損傷で失って第6戦で敗退。しかし、翌年のファイナルでの再戦では第4戦を終えた時点で1勝3敗と土俵際に追いつめられる厳しい展開から巻き返して、第7戦で勝利。1964年のNFLのクリーブランド・ブラウンズ以来52年ぶりの優勝を齎してみせるという快挙を達成してみせた。

先述のジョーダンは1991年から1993年に続き、1996年から98年にかけて3連覇を2度達成して6度の優勝を達成していて、レブロンは2010-11シーズン以来昨季まで6年連続のファイナル進出を達成し、そのうち3度の優勝を手にすることに成功している。これは外部からの経験を取り入れて競技者として勝者となり続けるために必要なことを学んだことが理由であると考える。ジョーダンは父親を銃殺で失ったことによる精神的ダメージがあまりにも大きかったため、野球挑戦はセラピー的な要素が強かったが、野球から学んだことは勝者となり続けるために必要なこと以外にも多く存在したものと思われ、レブロンも同様ではないかと思われる。

仕事やバッググラウンドは全く異なるものの、堂珍や川畑にも同じことが言えるのではないか。4年間のソロ活動専念を通して「表現者として必要なことは何か」を学んできたのだと思う。だからレブロンやジョーダンと似ていると言ったのはそれ故である。

CHEMISTRYは2017/2/28と3/1に再始動ライブを東京国際フォーラムで行うことになっているが、「ソロ活動を経て強くなったCHEMISTRYを、待ってくれているファンの皆さんに見せたい」と語っている。ジョーダンは豪快なスラムダンカーから技巧派ジャンプシューターに生まれ変わって見せたが、果たしてCHEMISTRYの二人は人気全盛期のころとどんな違った魅力を見せてくれるのだろうか?興味津々である。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。