Ken's Life

PCをいじること、音楽を聴くこと(メロディの良さをを基準に判断することが多くChemistryやSuperfly,広瀬香美,ドリカムなどが多い)、野球、バスケ観戦が好きな人のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Kobeが疲れを露呈したにも関わらずベンチメンバーであるJordan HillとSteve Blakeがチームオフェンスの潤滑油の役割を果たしたことが大きく92-88と4点差ながら3勝1敗とし、準決勝進出まであと1勝と迫った。
その注目の第5戦の結果はいかに。

結果は99-102と敗北。

第3戦で16点15リバウンドと活躍したJavale McGeeに21点14リバウンド、Andre Millerに24点を許したことが大きかったこと、Kobeの43点以外に得点面でサポートできる選手がBynumの16点とBarnesの11点しかいなかったことが大きいかと。


1QからLakersのオフェンスはとにかくKobeとBynum、Barnesしか得点手段がないと言い切っても過言ではないくらいPauやSessionsらのシュートが全く入らなかったのが痛かった。1点差や同点を狙うシュートが全くと言っていいほど入らない。DENのシュートミスにも助けられていたにも関わらずセカンドチャンスでのシュートミスが目立ったのが響き23-26と1Qを3点ビハインドで終了する。

2Qは序盤から24秒バイオレーションやPauのパスがスティールされるといったTurn Overが目立ち、残り9分19秒の時点で25-28と試合が動かない展開。残り7分11秒にBarnesがJumperを決めて29-29の同点とするが、layup missやTurn Overを積み重ね残り1分39秒にFariedにlayupを許し37-47と10点リードを許す。結局43-49と6点ビハインドで前半を終えることに。

後半。
第3Qの残り3分02秒から第4Q残り6分35秒にかけてがとにかく最悪だったかと。
第3Q残り11分33秒と11分02秒にKobeとSessionsがFGを決めて47-49と2点差に詰め寄ったが、残り10分44秒からGallinariのJumperを皮切りにFTの2点を含む4本連続FGを決められ47-59とリードされて残り8分37秒にLakersがタイムアウトを請求する。
LakersもTime Out明けの残り8分12秒のBarnesの3ポイントを皮切りに16-7のランを仕掛け、残り3分02秒にKobeが3ポイントを決めて63-66と3点差に迫る。しかしそこから2-10のランを繰り出され、65-76と11点リードを許して第4Qへ。

第4Qは残り11分04秒にKobeが最初のField Goalを決めて67-76と9点差に迫るが、残り10分07秒にHarrintonに2本のFTを決められたのを皮切りに残り9分2秒にMillerがJumperを決めて67-82と15点差にすると6分35秒にもMcGeeにシュートを決められ再び75-90と15点差にされる。

ここからLakersが残り6分15秒にPauのJumperで77-90としたのを皮切りに残り4分45秒にKobeが3を決めて82-92と10点差。そこからGallinariらのシュートミスの間に得点を重ね残り2分32秒にKobeが3を決めて90-94と4点差。残り1分24秒と残り59秒にも3を決めて96-98と2点差に詰め寄り逆転勝利への希望を与える。

しかし、そこからKobeが2本のシュートを外したのが決定的な痛手だった。
残り14秒にSessionsが3を決めて99-100と1点差に詰め寄るがMillerにFree throwを2本沈められ、Kobeが同点を狙った3が外れて99-102で万事休す結果に…。

ホントにここまで書いていてKobeが一人孤軍奮闘していて他の助けが得られず敗北になっているのはLeBronを指導していたCleveland時代と大して変わらない気がする。
点差が短いうちにシュートタッチが取り戻せなかったと逆転や同点を狙おうとしたシュートがリングに嫌われたのも痛かったかと。その結果チームField Goalが90本中35本、.389と40%を下回っている。
PauのField Goalは11本中4本、9点と振るわず、Sessionsのそれは12本中3本、9点と全く用をなさず状態。
これでシュートが外れまくっていては勝てる試合も勝てるわけがないではないか。

Bynumが試合前に「Denverには楽に勝てる」とコメントしていたとは。
最近スタッフへの敬意を失しているとは聞いていたがまさかこれで彼らの必死さに火をつけることになるとは痛いとしか言いようがない。出場停止明けから攻守を牽引する活躍を見せたことでAll Starに選ばれるまでに成長したとはいえまだまだ精神面は精進が必要なようだ。

さて次戦はDenverに場所を移して現地時間10日の夜10時30分(Denver時間夜8時30分、日本時間11日午前11時30分)からだが、最終戦のつもりで死に物狂いで準決勝進出を勝ち取ってもらいたいが結果はいかに。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。