Ken's Life

PCをいじること、音楽を聴くこと(メロディの良さをを基準に判断することが多くChemistryやSuperfly,広瀬香美,ドリカムなどが多い)、野球、バスケ観戦が好きな人のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
第4戦。
2008年のPlayoff1回戦で対戦したAtlantaとは両チームともホームで3勝ずつをマークして最終戦を迎えた第7戦は序盤から猛攻を繰り広げ、3Q残り1分00秒にPoseyのDunkで79-41と最大38点差のリードを奪い、最終的に99-65でClevelandとの準決勝に進むことに成功した。
その試合を思い起こさせるような集中力を1Q中盤から見せ始め、この試合も80-43と37点差のリードを奪って最終的に101-79と快勝して準決勝進出まであと1勝に迫った。
その準決勝進出をかけた第5戦の結果はいかに…。


結果は86-87で敗北。

準決勝進出はお預けですか。

1Qの出だしこそPierceが2連続でFGを成功、Bassがlayupを決めるなどして残り8分11秒の時点で11-3とスタートダッシュに成功する。
しかし、その直後にHawksが取ったタイムアウト明けから、Hawksの対策に嵌められたのかKGのHookやPierceの3が外れるなどして点差を広げることが出来ず、Hawksにもシュートミスを誘う状況になったにもかかわらず残り2分33秒にはJohnsonのRunning Jumperを決められて15-13と2点差。
しかしそこからRayのlayupとKGが2本連続Jumperを沈めて21-15でリードして1Qを終了する。

2Qは2点差に詰め寄られたところから連続得点を決めた勢いが残っていたからか3点差以上のリードを維持し、残り8分52秒にRayがFG成功して28-18と10点リードに成功する。
しかし、そこからRayがFTを落としたり、PierceとKGのJumperが外れたのが響き残り5分24秒で29-24と5点差に詰め寄られる。
その直後のHawksのタイムアウト明け直後こそシュートが決まっていたが、残り45秒と10秒にJohnsonとTeagueにそれぞれ3を決められ37-40と逆転を許し、Celticsが20秒タイムアウトを請求する。
そのタイムアウト明けにRondoが放った3ポイントが決まり40-40と前半を同点で終了する。

3Qは胸を痛めての欠場から復帰して2試合目のHorfordにJumperを決められて40-42とされてから、追い上げを図ろうと放ったシュートが尽くリングに嫌われたのが響き、残り4分31秒にMarvinにJumperを決められ54-61とリードを許し、残り3分40秒にHorfordにFTを2本決められて54-65とHawksにこの試合初めて2ケタリードを許してしまう。
残り2分54秒にCelticsがタイムアウトを請求し、そのタイムアウトの対策が功を奏したのか、10-1と追い上げることに成功するものの、残り2分6秒のRondoのJumperと1分15秒に放ったRayの3がリングに嫌われたりしたことが響いて64-66とリードを許して第4Qへ。

4Qの出だしは3Q残り2分54秒のタイムアウトからのオフェンスの勢いが残っていたのかRayとRondoがJumper決め、残り8分33秒にRayが3を沈めて73-69と逆転。
しかし、その後の点差を広げようと放ったシュートがリングに嫌われ6分54秒にHorfordにJumperを沈められ74-75と逆転され、残り4分18秒にはJohnsonに決められて76-83とされてしまう。
そこからKG,PierceがJumper、Rayが3を決めて残り2分41秒に83-83の同点に追いつくが、HorfordにDunkとJumperを決められ残り59秒で83-87とされてしまう。
その直後にPierceが3を沈めて86-87と1点差に追いつくが、Rondoが6ft9inもあるHorfordとのミスマッチの前にシュートさえ打たせてもらえず、KGへパスを出そうとしたところをJosh SmithにStealされて試合終了と。

Horfordを本気にさせてしまったのと、28-18と10点差を付けたところからの12-22とされてしまったのが3Qで逆に54-65と二桁リードを許したことが最後まで響いたかと。後はFTをRayが3本のうち1本外したり、Horrinsが1本外したりとFTを落としてしまったのも痛かった。点差こそ1点差だったがHorfordが本来の実力であることを思わせる数字を残していることからも次戦はHomeとはいえ厳しい戦いが予想される。

次戦は現地時間10日夜8時(日本時間11日朝9時)から。死に物狂いで準決勝進出を勝ち取って欲しいが結果はいかに。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。