Ken's Life

PCをいじること、音楽を聴くこと(メロディの良さをを基準に判断することが多くChemistryやSuperfly,広瀬香美,ドリカムなどが多い)、野球、バスケ観戦が好きな人のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

NBAのプレーオフ1回戦ももうGame2。


上位チームとしてはアウェーでの戦いにつなげたいGame2。

そのGame2を取ったのはキャブス、マジック、ホークス、セルティックス、レイカーズ、スパーズ、サンズ、ジャズ





・キャブス対ブルズ

 10.04.19 112-102 CLE2-0

 第1戦同様、前半からキャブスが飛ばしてくるかと思いきや、一進一退の攻防だったのは驚き。

 ブルズのノアの頑張りが凄かったな。1戦目はファウルが5個とファウルトラブルだったのに、プレーに集中できてる気がした。ブルズ全体がジャンパーよりもドライブ主体で攻めてるからペイント内の得点が多かったし、2ndチャンスもしっかりモノに出来ていた。それが第3クォーターまで同点だったのかも。

 しかし…4Q残り6:28秒のブルズ・ジョンソンのファウルでそれまでの粘りが全部だめになってしまった感じ。レブロン劇場の開幕は勿論のことだけど、オフェンスではダンクが見られることが多いムーンが4本のスリーを決めたのが大きかった。ホームでの2戦でブルズがプレーに集中していけるかがカギになりそう。


・ナゲッツ対ジャズ

 10.04.19 111-114 DEN1-1

 まさかまさかジャズが勝つとは。オカーが居ないのにもかかわらず。

 この試合もGame1同様、第1Qから接戦で終わった時には33-30とジャズリードで次のクォーターでナゲッツが取り返すのかと思っていた。でも、リードを取ったのはジャズ。(63-51)

 2Q残り2:54でジャズがタイムアウトを取り、ブーザーがシュートを決めた後のビラップスのレイアップを外したことで点差を一気に広げられたこと、4Q残り1:28でコーバーにスリーポイントを決められたこと、残り11秒でビラップスがスリーを二本外したこと、32点を取ったメロがFGが9/25と低調だったうえに4Q残り25秒でファウルアウトになったことかなジャズの勝因は。ジャズにとって必要不可欠なのは選手じゃなくてHCであるジェリー・スローンなのかも。与えられた駒をどのように起用するかを編み出す術に優れているコーチであるから。『史上最高の1回戦になる』との声が多いが、Game3どころかこのシリーズの行方が楽しみ。


・セルティックス対ヒート

 10.04.20 106-77 BOS2-0

 KGがQ-Richに肘で顔面パンチ浴びせてしまって出場停止にされてしまったのでインサイドが封じられないのでは…と心配に思っていた。

 レイ・アレン、グレン・デイビス。この二人が凄かった。

 

 レイはFG9/13,3P7/9=25点

 デイビスはFG7/14,FT9/11=23点

 

 レイが当たってくると本当にセルティックスはオフェンスにリズムが出てくるね。インサイド陣への心配は冒頭に書いてるけど、KGの代わりに先発に起用されたデイビスが上に書かれている成績をあげて、概述した不安を杞憂に終わらせてしまった。そういえば、『デイビスは責任を与えるとそれに応える』と誰かが言っていたが、デイビスは先発になるとホントに怪物に変貌する選手だと思う。KGが復帰するGame3以降はダブルパンチが期待できそう。

 序盤こそヒートも粘っていたけど、その2Q、ヒートの得点はわずか10点。FGが.382であるのと20点以上挙げたのがウェイド一人じゃ勝つのは難しいと思う。

 因みに、レイはボストンマラソンに参加していた自分の母親が観戦に来ていたとか。その母親が自分のチームのホームスタジアムに来ていたことでメンタル面に好影響が働いたのかもしれない。今日セルティックスの勝利を引き寄せた真の立役者はもしかすると彼のお母さんかもしれない、と思ったのは自分だけ?(笑)


・レイカーズ対サンダー

 10.04.20 95-92 LAL2-0

 コービーがFG12/28、.429で39点と復調したのが大きかった。

 ただ、レイカーズの場合はFGがチーム全体で.375と1戦目より悪かったからコービーの活躍がなければ勝てなかったのも事実。特にフィッシャーのファウルアウトが痛かった。ただ、バイナムのFGが3/9だからそれがもう少し決まっていたらレイカーズも余裕を持って戦えていたかも知れない。

 しかし、サンダーのブルックスHC恐るべし。年間最優秀HC賞おめでとうです。自分は彼が来ると思っていたのだけど。デュラントは凄い選手なのは言うまでもないけど、それ以上に若さと勢いだけじゃなくてチームとしての総合力でも王者と渡り合えるっていうのが凄い。それも昨年の王者のホームで。舞台はオクラホマに移るが果たして本調子とはいえないエースが復調したレイカーズが本領を発揮するのか?それとも1・2戦で王者相手に見せた守備をそのまま継続できるのか注目。


・ホークス対バックス

 10.04.20 96-86 ATL2-0

 ジェニングスを封じたのが全ての結果に表れている気がする。

 そのジェニングスの成績、

 FG3/15、3P1/6=9点

 彼のマッチアップに付いたのは彼よりも上背のあるジョー・ジョンソンとジョシュ・スミス。サイズ面で明らかにミスマッチだし、実質的には平面でのプレーが多かったことからジョー・ジョンソンがマッチアップしてたみたいだけど、彼を抜いてもドライブに行けばジョシュ・スミスが待ち構え、ブロックショットをお見舞い。ホークスはインサイドでのシュートが多かったのか、ジョシュがFG9/11,ホーフォードがFG8/13とシュートを確実に決めている。

 そんな不調のジェニングスに代わって攻撃をしていたのはサーモンズで、守備を引っ張っていたのはダブルダブルを記録したイリャソバ。(13P,15RB)舞台はミルウォーキーに移るけど、バックスはジェニングスの復調+FG成功率の改善がカギになりそう。


・マジック対ボブキャッツ

 10.04.21 92-77 ORL2-0

 ボブキャッツがマジック相手にアップセットをやってのけるのかと思っていたが、マジックの完勝。

 守備ではドワイトを5ファウルとファウルトラブルに陥らせているけれども、ボブキャッツのオフェンス陣がキャプテンジャックに頼り過ぎている印象が強い。DJはドリブルが多過ぎ、ヒューズはドワイトが居ないのにバスケットにドライブせずにスリーポイントばかり狙おうとしてブラウンHCに怒られる。

 でその結果が、キャプテンジャックはFGが10/20なのに、エース以外の選手たちが19/46。

 対するマジックはスターターのドワイトとカーターがそれぞれFGが5/10、ラシャードがまずまずの5/12。

 ボブキャッツはエース以外の選手たちがドリブルのし過ぎを直すとか(特にDJ!)ハワードが居ない時間帯で狙えるならバスケットにドライブできるかがプレーオフ初勝利のカギになりそう。


・マブズ対スパーズ

 10.04.21 88-102 DAL1-1

 やはりスパーズはダークにやられたままでは終わらない。

 1Qの出だし4分で9-0のランで勢いづいたのが大きかった。1Qこそマブズの終盤の追い上げもあって24-20だったけど、マブズが1ケタ点差に縮め、1点差に詰め寄ってきて『次のシュートを決めてリードを取るぞ!』っていう時に集中力を発揮して突き放してしまうのはお見事。ダンカンが25pt・17rbでチームを牽引すれば、ダークにやられっ放しだったGame1で不調だったジェファーソンがFG7/12とシュートが冴えて19点。パーカーは2試合ともベンチスタートだが、手の骨折をしているので先発にすることでそれを悪化させたくないというポポビッチの考えかもしれない。

 Game1でSpurs相手にシュートが好調だったノウィツキーはチームトップの24点こそ挙げるけどFGが9/24と今一つで、初得点が2Q残り10分のフリスローでは勝つのは難しい。キッドはFGが3P1本成功したのみ(FG1/7)とバトラーがFG6/17というシュート精度が低いうえ、1点差に迫った時にリードを取れずとメンタル面でもスパーズを下回ったのは舞台がサンアントニオになる第3戦に向けての懸念材料。去年はそこから3連勝でセミファイナルへ進んだけど、Game3を取るとシリーズ突破するのに有利になると言われている(?)だけにマブズはノウィツキーの復調がカギになりそう。


・サンズ対ブレイザーズ

 10.04.20 119-90 PHO1-1

 Game1でまさかの敗北を喫したサンズ。

 Game1ではアマレが8/19、J-Richが4/12、ヒルが2/9と主力のシュートが入らず.418と低調だったのに、それがGame2ではアマレがFG5/10、J-Richが11/16、ヒルが10/11と復調している。Game2に勝つにはアマレが奮起する必要があるかと思っていたが、スターターが不振では勝つのは困難。Game1の勝利の立役者になったミラーを4/11に抑えたのが大きかったのではないか。Game1では4Qに3ポイントを決められて負けているサンズだけに、オルドリッジを3/8、キャンビーを2/10と封じたのは大きかったのでは。

 ただ、ブレイザーズはホントに故障と縁が切れないのが悩み。元々バテュムが肩を痛めて退場。とはいっても開幕から故障に悩まされてきているのだけど、今居ないのがオデン、プリジビラ、ロイの3人。その3人を欠きながらもチームワークで50勝をマークしたブレイザーズだけど、本当の意味でチームワークを問われそう。


と言うところで明日からは下位チームでのホームでGame3,4の開催。Game2のまとめはここまで。

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。