Ken's Life

PCをいじること、音楽を聴くこと(メロディの良さをを基準に判断することが多くChemistryやSuperfly,広瀬香美,ドリカムなどが多い)、野球、バスケ観戦が好きな人のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
11月といえばバレーボールの季節。日本では今、ワールドグランドチャンピオンズカップバレーボール2005があります。

昨日は男子の開幕戦であるエジプト戦。エジプトはアフリカ代表で、ボクをホントに開幕戦からヒヤヒヤさせてくれました。

第1セットは完全にリズムを掴んで25-16で取ったのですが、第2セットを23-25で落とすと、第3セットはミス連発で14-25と最悪な展開。ところが第4セットから息を吹き返した日本はシーソー展開にして25-23で取り返して2-2。そして第5セット目。第4セットの勢いがそのまま出た形でエジプトを5点に抑えて3-2のフルセットで勝ちました。

ボクは世界は凄いスピードで進化していることを思い知りました。男子は前回のW杯でチュニジアにフルセットで負けました。アフリカ代表に初めて負けたわけですが、それを機にずっと負け続けました。結局今年6月のワールドリーグのポルトガル戦で勝って連敗を23で(?)止めました。その後、アジア選手権で1995年ソウル大会以来の優勝を勝ち取りました。昨日のフルセット勝ちは、戦いは最後まで何が起きるか分からないことを教えてくれましたね。

日本代表は指揮官が田中幹保から植田辰哉に替わり、今回の大会で前回のW杯の得点王になった山本選手は代表から外れています。その替わりにバルセロナオリンピック出場経験のある荻野選手や南選手が代表に復帰しました。でもボクの一番の願いは山本選手が元気な姿で帰って来ることです。なぜなら負けていても得点を決める姿が印象的だったからです。来年は日本でバスケットと並んでバレーボールも世界選手権があるので、その頃には代表に復帰していることを願っています。今日はアメリカ戦。ぜひこの試合も勝って勢いに乗って欲しいものです。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。